円滑に不妊治療を行うために精子検査を合わせて受けましょう

親子

積極的に精子検査を受けてみよう

研究室

現代は晩婚化が進んでおり、それに伴い不妊治療をしているカップルは6組に1組と言われています。そのため、これから子供を望んでいるカップルにとって不妊治療は決して他人事ではないということです。不妊治療を進めるうち人工授精や体外受精という言葉をよく耳にします。人工授精は採取した精子の中から良好な精子だけを選別し、子宮に入れる技術です。体外受精は良質な成熟卵を採取し、受精させてから、子宮に戻す技術です。どちらにしても、精子が採取できる前提での治療になります。男性の中には不妊の原因は女性にしかない、自分は関係ないと思い込み、検査に積極的に参加しない方がいます。射精ができていれば精子があると思ってしまうのは仕方がないのかもしれません。しかし不妊原因の半分は男性側にあると現在は言われています。精液の中に良好な精子がいるのか、量は充分にあるのかは検査してみないとわかりません。確かに男性にとって女性ばかりいる不妊治療専門クリニックに相談するというのは、ハードルが高いのかもしれません。ですが、精子検査を後回しにして、もし男性側にも原因があった場合、また治療の仕切り直しをしなくてはいけません。治療で痛い思いをするのも女性です。パートナーのためにも積極的に精子検査していきましょう。

POSTLIST