円滑に不妊治療を行うために精子検査を合わせて受けましょう

親子

不妊治療に踏み出す男性はまずは精子検査から

試験管

不妊治療というと女性側の原因と思われる傾向がありますが、近年では男性不妊も大変多くなってきております。
まずはじめにお伝えしたい事は、不妊治療に踏み出す際には夫婦2人で不妊治療専門クリニックに相談に訪れてください。
不妊治療は女性だけの検査では不妊の原因は判明しません。男性も精子検査を受けてください。
例えば、女性だけで検査を受けて、何かしらの原因が見つかって治療していたとします。
この際に男性の精子にも不妊の原因があると、なかなか妊娠には至りません。
不妊治療は保険が効かないので、どうしても高額になりがちです。数百万円単位の治療費になる事もよくあるパターンです。
そして女性は卵子が劣化し始めるまでのタイムリミットも気にしがちです。
男性の精子の異常が初めから分かっていれば、高額な費用と、貴重な時間を無駄にする事はありません。
そして不妊治療専門クリニックというポイントも大切です。
初めは近くの産婦人科で相談していたものの、不妊治療がステップアップしていき、体外受精という形になったときに新たなクリニックに移るのは、時間と検査費用の無駄です。
これらを総合して不妊治療を始める際には、是非夫婦揃って検査を受けましょう。

POSTLIST